子供の学習意欲向上の為には、良い環境を整えてあげることが大切です。もし暗い部屋で、しかもテレビの音がいつも響いているようであれば、その中で勉強するように言われても、大人であろうと難しいものです。まして子供であれば余計に、良い環境を整えてあげることが大切です。そのような理想の学習環境を考える点で鍵となるのが、学習机選びです。
学習机選びは直接子供の学力に影響します。子供にあった、ふさわしい学習机を選べば子供の学力は向上しますし、逆に子供に合わない学習机を選んでしまうと、子供の学力は低下します。当たり前のことですが、威圧感のあるような机に子供は好んで座ろうとはしません。そうなれば子供の学習意欲は下がり、学習意欲は下ってしますわけです。ですから、子供の持つ才能を最大限引き出すためにも、この学習机選びは重要な一つの学習環境作りといえます。
特に、2011年度から学習指導要領に変更ありました。その理由としては、これまでのゆとり教育で子供の学力が著しく低下した事が考えられます。そのために、これから小学校では授業時間が増え、学習範囲も増加し教科書も厚くなります。学ぶ内容としては、外国語学習が増加する他にも、理科や算数の理解を深める授業が多くなります。さらに、日本の文化や伝統、また道徳に関する授業も増える予定です。そうなると、もちろん子供の読むべき教材も増加することが考えられます。このように子供達が学ぶ内容が多くなる分、家庭での充実した学習がより必要になることが考えられます。
子供たちのこれからの家庭での学習に大切なのが、集中して学習することや定期的に学習することです。そのためにも、学習机をはじめとして勉強にふさわしい環境を整えてあげることが不可欠です。

PR

ページのトップへ戻る